結婚相談所の口コミが日本一のっているサイトHOME » 結婚相談所とは?はじめてマニュアル » 結婚できる割合
結婚相談所とは? はじめてマニュアル

結婚できる割合(アイコン) 結婚できる割合

結婚相談所の利用者はどのくらいの割合で結婚できているのでしょうか?結婚相談所の公式HPで公表されている成婚率をどのように解釈すればいいのか解説。

さらに、結婚相談所の質をはかるポイントについても説明します。

結婚相談所の「成婚率」~様々な計算式~

結婚相談所の公式HPで公表されている成婚率。成婚率60%という数字は、果たして「会員のうち60%の人が成婚した」と考えて良いのでしょうか?

実は、この成婚率という数字は、そんなに単純ではありません。成婚率算定の背景を見てみましょう。

他社併用の利用者の成婚も分子に含めている場合がある

婚活をする人の中には、複数の結婚相談所に登録しているケースが多く見られます。仮に、A社とB社に同時登録している利用者が、B社の仲介で利用者が成婚にいたった場合、A社のほうでも自社の成婚数に含める場合があります。

「結婚して退会した人」だけを成婚数に含めている場合がある

「結婚して退会した人」は、必ずしもその結婚相談所の紹介で成婚したとは限りません。他社併用のケースもあれば、自力で結婚に至ったケースもあるでしょう。

基本的に、結婚相談所を退会する人は、何らかの理由で成婚にいたった人が多いと考えられます。分母を「退会者全員(現在の会員は含めない)」、分子を「結婚して退会した人」にして計算すれば、どんな相談所でも驚くべき高い成婚率がはじき出されます。

成婚に至りやすい条件の人だけが入会できる相談所もある

たとえば、「30代年収500万円以上」の男性は、成婚に至りやすいと言われます。こうした、成婚に有利な条件の人のみを対象とした相談所は、サービスの質を問わず成婚率が高くなります。

これに対して、条件を広く設定している相談所は、どんなに良質のサービスを提供していても、必然的に成婚率は低くなってしまいます。

なお、経済産業省が発表した全国3664件の結婚相談所の実態成婚率は、男性が平均8.4%、女性が平均10.1%となっています。

結婚相談所の質は「成婚率」で測れない

改めて、多くの結婚相談所の公式HPを見てみると、成婚率が40%、50%、中には80%という数字が並んでいることがありますよ。

これらの数字は、決して嘘ではないのですが、成婚率の考え方や計算式は、我々が一般にイメージするものとは違うと考えて良いでしょう。各社が独自計算で公表する成婚率は、参考程度にとどめておいたほうが無難です。

そうである以上、いったい結婚相談所の質を測るためには、どんな基準で判断すれば良いのでしょうか?

結婚相談所の質を測る基準は、「実際の利用者の評判」と「プロがいるかどうか」、という2点に尽きます。

実際の利用者の評判

利用者からのリアルな口コミ・評判をチェックしてみましょう。

口コミ評判が掲載されているのは、①公式HPの「利用者の声」などのコーナー、②結婚相談所紹介サイトなどの口コミ、③ヤフー知恵袋などにおける回答欄、④知人など身近な利用者からの直接の声、などがあります。

いずれの情報源も虚偽ではありませんが、口コミを投稿する人のエネルギーが①の場合はプラスの方向へ、③の場合はマイナスの方向へ向かう傾向があります。②または④を参考にするのが妥当ではないでしょうか。

プロがいるかどうか

結婚相談所のアドバイザーとは言え、全員が恋愛・結婚のプロとは限りません。どんな会社でもそうですが、経験の豊富な社員もいれば、そもそもその仕事にセンスのない人もいます。

デートにおける立ち振る舞いや、言葉使い、服装などを含め、時にはロールプレイもしてくれるなど、細やかなところまでアドバイスしてくれる相談員が本当のプロです。

なお、望んで選ぶ理由がない限り、データマッチングだけのシステムでは、極めて成婚率が低くなることは承知しておきましょう。